AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

自販機で地元球団を応援 和歌山FB、田辺に1号機

 飲料メーカーのダイドードリンコ(本社・大阪市)は29日、野球独立リーグの和歌山ファイティングバーズ(FB)を応援する自動販売機の第1号を、和歌山県田辺市東山1丁目の田辺ダイハツ販売に設置した。売り上げの一部が和歌山FBの活動資金として寄付される。

 自販機は高さ1・83メートル、幅1・18メートル。球団イメージカラーのえんじと金の模様があり、球団のマスコット「鳥和歌丸」や「がんばれ!!和歌山ファイティングバーズ」の文字が描かれている。

 田辺ダイハツ販売は球団が創設した昨年から和歌山FBを応援。同社でFBの選手がアルバイトをしているほか、店内では球団の公式グッズを販売している。自販機は従業員用。中田隆晶社長(42)は「ファイティングバーズを支援する取り組みが地域に広がってほしい」と話している。

 ダイドードリンコによると、今回を含めて田辺市内の事業所に同様の自販機を5台設置する予定。住民の目に付きやすい場所など本年度中に30台の設置を目標にしている。


写真【和歌山ファイティングバーズを支援する自動販売機の第1号(和歌山県田辺市東山1丁目で)】

更新)