AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

クルーズ客船で地域活性化 2県と10市町村で振興協設立

 新宮港(和歌山県新宮市)に寄港するクルーズ客船を地域全体の産業振興や活性化につなげようと、熊野地域の10市町村と和歌山、三重の両県が9日、「新宮港クルーズ振興広域協議会」を設立した。寄港情報の共有や乗船客の行動調査、観光資源の調査研究などに取り組む。

 広域協議会の会員には県内から新宮市と田辺市、那智勝浦町、太地町、古座川町、串本町、北山村の7市町村と和歌山県。三重県からは熊野市と御浜町、紀宝町の3市町と三重県が参加した。

 設立総会が同日、新宮市内であり、広域協議会の発起人である田岡実千年新宮市長が「入港数は年々増加傾向にある。われわれのエリアが、大きく熊野という概念で結ばれていることを背景に、それぞれの特徴を生かすことができれば、熊野地域へのクルーズの魅力を高めることができ、熊野地域全体の産業振興につながる」などとあいさつした。

 規約を決めるなどした後、会長に田岡新宮市長、副会長には河上敢二熊野市長を選任。本年度の事業計画には、クルーズ客船の寄港情報の事前収集や情報の共有▽乗船客や船社へのアンケートなどによる行動調査や意見収集▽新たなツアーの企画・立案に向け、観光資源などの調査研究―などを盛り込んだ。


写真【新宮港に寄港するクルーズ客船を熊野地域全体の活性化につなげようと設立した広域協議会の総会(9日、和歌山県新宮市で)】

更新)