AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

赤ちゃんパンダ13日から公開 名前も一般公募

 和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドは、8月に生まれたジャイアントパンダの雌の赤ちゃんを13日から公開する。同日から名前の公募も始める。施設が10日に発表した。

 赤ちゃんは8月14日に体重75グラムで生まれた。これまでに施設で誕生したパンダの中で最も小さかったが、飼育スタッフの24時間体制の見守りもあり、母親の「良浜(らうひん)」から自力で母乳を飲めるようになって、少しずつ大きくなっていた。

 施設によると、10日現在の体重は604グラム。体の模様もよりはっきりし、手足の動きや鳴き声には力強さが見られるようになってきた。

 公開は午前10時15分からと午後2時40分からのそれぞれ20分間。ブリーディングセンター(屋内)で良浜と一緒にいる様子が見られる。体調によって変更、中止がある。

 名前の募集は11月16日まで。施設内で専用の用紙に記入するか、特設サイトから応募すればよい。


写真【体の模様がはっきりしてきたパンダの赤ちゃん(アドベンチャーワールド提供)】

更新)