AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

ダイバー100人海底を清掃 和歌山の白良浜海水浴場

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場でこのほど、関東や関西などから訪れたダイバーら約100人が海底のごみを拾い集める奉仕活動をした。

 神戸市と名古屋市にダイビングショップを持つ「la・kai」の仁科貴彦代表(40)が「いつも白良浜周辺のダイビングスポットで楽しませてもらっているお礼に」とダイバーらに呼び掛け、2011年から毎年実施している。同海水浴場ではスキューバダイビングはできないが、町の許可を得て実施した。

 この日は関東や中部、関西のダイビングショップの協力でダイバーらが集合。約1時間かけて海底からプラスチックごみやビニール製の買い物袋、浮輪、空き缶などを拾い集めた。

 仁科代表は「台風が去った後だったので、海のにごりがひどく、手探りでごみを拾った。とてもきれいな海でダイビングをさせてもらっていることに感謝している」と話した。


写真【海底清掃に参加した人たち(和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で)】

更新)