AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

演劇「弁慶伝説」主役が決まる 10月の弁慶まつり

 和歌山県の田辺市街地で10月5、6日にある第32回「弁慶まつり」(実行委員会主催)で、主要企画の一つである演劇「弁慶伝説」の弁慶役に同市湊、会社員の八木陽祐さん(28)、玉虫役に同市新庄町、ショップ店員の田中星乃さん(22)がそれぞれ決まった。

 実行委員会が9月12日、同市新屋敷町の田辺商工会議所で記者発表した。八木さんと田中さんはともに公募で選ばれた。弁慶役の応募は八木さんのみで、玉虫役には2人の応募があったという。

 八木さんは昨年、同市に転勤したのを機に弁慶まつりに興味を持ち、昨年も盗賊役で演劇に参加。今回は念願の弁慶役で「堂々として大柄で、大ざっぱなイメージ。役の心情を深く読み取って演じたい」と意気込みを語った。

 田中さんは「いつか出演してみたいと思っていて、初めて応募した。玉虫は芯が強くてはっきり物を言う半面、おしとやかな女性。見た人に楽しんでもらえるよう、まずは自分が一生懸命楽しんで演じたい」と話した。

 演劇「弁慶伝説」は、武蔵坊弁慶の出生から源義経や玉虫との出会いなど、弁慶の波乱の人生を描く。10月5日午後6時半〜8時半、田辺市東陽の闘鶏神社に舞台を設けて上演する。


写真【弁慶役に決まった八木陽祐さん(左)と玉虫役の田中星乃さん(右)=12日、和歌山県田辺市新屋敷町で】

更新)