AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

コウノトリが飛来 白浜町の田んぼ

 和歌山県白浜町内ノ川の田んぼに国の特別天然記念物のコウノトリ1羽が飛来し、住民たちを喜ばせている。

 9日午後4時半ごろ、稲刈りが終わった田んぼに大型の鳥がいるのを住民が見つけ「コウノトリではないか」と話題になった。コウノトリは田んぼでバッタなどを食べた後、近くの電柱に止まり、一夜を過ごした。10日午前も現地にいた。

 兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は、個体を識別するために足環を着けている。白浜町に飛来した個体の足環の色は、両足とも「黄・赤」。同公園によると、3月13日に徳島県鳴門市で生まれ、5月22日に巣立った雌で、名前は「百(モモ)」。

 同公園は「観察の際は150メートルほど離れた場所から静かに見守ってほしい」という。

写真【餌を探して歩き回るコウノトリ(10日、和歌山県白浜町内ノ川で)】

更新)