AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

田辺市美術展第2期が開幕 洋画、写真、工芸を展示

 和歌山県田辺市新屋敷町の紀南文化会館で12日、第65回田辺市美術展覧会(市と市教育委員会主催)の第2期が始まった。洋画、写真、工芸の部で作品計180点を展示している。14日まで。

 知事賞には洋画の部で上富田町市ノ瀬の木村登美子さん(76)、写真の部で田辺市新庄町の荘司靖久さん(80)、工芸の部で田辺市稲成町の谷本須賀子さん(66)が選ばれた。

 会場には一般公募や無鑑査、審査員らの他に、招待作品も並んだ。市教委の担当職員は「今年は猛暑や災害があった中で、皆さん大作を作ってくれて出品数もそんなに減らなかった。ぜひ作品を見に足を運んでください」と話している。

 時間は午前9時〜午後7時(最終日は午後5時まで)。洋画は1階展示ホール、写真と工芸は4階小ホールで展示している。

写真【会場に並ぶ洋画の部の作品(12日、和歌山県田辺市新屋敷町で)】

更新)