AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

野球独立リーグで和歌山優勝 CSで兵庫に逆転勝ち

 野球独立リーグ「ベースボール・ファースト・リーグ(BFL)」の年間優勝を決めるチャンピオンシップ(CS)が14日、和歌山県田辺市上の山1丁目の田辺スポーツパーク野球場であった。リーグ1位の和歌山FBが同2位の兵庫ブルーサンダーズ(BS)に5―4で逆転勝ちし、優勝を決めた。

 BFLのリーグ戦は、田辺市を拠点とする和歌山FBと兵庫BS(兵庫県三田市)、06ブルズ(大阪府東大阪市)の3チームで争った。和歌山FBは17勝11敗2分けでリーグ1位になった。

 CSは先に2勝した方が優勝で、和歌山FBには1勝のアドバンテージがあった。

 和歌山FBは0―4で迎えた6回、4番松浦がこの試合チーム初安打となる本塁打を放ち1点を返した。7回には適時打と犠飛で1点差に迫ると、松浦が一塁線を破る逆転の2点適時打を放ってこの回4点を奪った。1点リードの8、9回は今季の最優秀救援投手の服部が無失点に抑えた。

 リーグ戦とCSの「完全優勝」が決まると和歌山FBの選手たちはマウンドに駆け寄って喜び、山崎章弘監督や川原昭二コーチらを胴上げした。山崎監督は「優勝を目標に執念で戦い、選手たちのおかげで勝つことができた。球団や選手一人一人に感謝したい」と喜びを語った。

【14日】

兵庫BS
 100 300 000―4
 000 001 40×―5
和歌山FB


写真【チャンピオンシップを制し、胴上げされる山崎章弘監督(14日、和歌山県田辺市上の山1丁目の田辺スポーツパーク野球場で)】

更新)