AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

歩道整備で道路拡幅 田辺市、天王池の一部埋め立て

 和歌山県田辺市下万呂の天王池の一部を埋め立て、道路を拡幅する県の工事が始まった。農業利用のない冬場は池の水を抜いており、再び水をためる春先まで工事を進める。

 天王池から同市中万呂に延びる県道上万呂北新町線で、道路幅を広げて歩道を整備する工事。県道は児童の通学路になっているが、車の通行量が多い上、道幅が狭く歩道がない区間がある。

 天王池は約140メートルの区間を埋め立て、道路を広げる。県道の右折レーンを延長するため、最大幅約12メートル埋める区間もある。11月上旬から工事を始め、重機が進入できる作業道ができている。今後、地盤を固める作業に入る。

 工事全体の区間は、県道と田辺バイパス(国道42号)が交わる天王池交差点から、同市中万呂の新万方面に延びる市道との交差点までの約500メートル。県道の池側を拡幅し、反対車線の一部に幅約2・5メートルの歩道を設ける。


写真【水を抜いた天王池で進む道路拡幅工事(和歌山県田辺市下万呂で)】

更新)