AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

紀南各地で出初め式 防火の誓い新たに

 和歌山県紀南地方各地で5日、出初め式があり、消防団員らが一斉放水や行進などをして、住民の生命と財産を守る決意を新たにした。

 田辺市の出初め式は同市新屋敷町の紀南文化会館や市営扇ケ浜海岸駐車場などであった。市消防団から約500人、市消防本部から約50人、管内の保育園や幼稚園の園児でつくる幼年消防クラブから約400人が参加した。

 白浜町の出初め式は、日置小学校グラウンドであった。町消防団の全16分団から団員が参加。日置川河口では一斉放水をした。

 町は3年に1度、旧日置川町で出初め式を開いている。今年は、長年にわたって団員として活動する人ら47人を表彰。井澗誠町長らによる観閲もあった。

 紀南地方ではこの日、みなべ町や太地町でも出初め式があった。6日には新宮市や印南町、上富田町、すさみ町、那智勝浦町、串本町で予定されている。

写真【一斉に放水する消防団員ら(5日、和歌山県田辺市扇ケ浜で)】

更新)