AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

市長査定始まる 田辺市19年度予算

 和歌山県田辺市の2019年度当初予算編成が大詰めを迎え、真砂充敏市長による査定が28日、始まった。31日までの予定。

 真砂市長が査定するのは、主要事業や新規事業などを中心に約370件。28日は財政課の職員が、国が示している地方財政計画について話した後、議会費から順に説明した。

 予算編成の基本方針は、紀南の中核都市にふさわしい個性的で魅力あるまちの形成▽人材育成や移住定住・交流人口の増大▽結婚・出産・子育てにかかる切れ目のない支援▽災害に対して強いまちづくり▽強固な財政基盤の構築―の5項目。移住や交流人口の増大など、財源を重点配分する「未来へつながるまち創造事業枠」には今のところ、3事業の要望がある。


更新)