AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

旬のミカンを刺し身盛り 田辺市のバーが提供

 和歌山県田辺市湊、田辺駅前商店街にあるバーで、旬のかんきつ5種類以上を魚の刺し身のように盛り合わせたプレートが提供されている。香り、酸味、苦味、ジューシーさなど、食べ比べて楽しんでもらいたいという。

 県のミカン生産量は全国一。中でも田辺市では、温州ミカンをはじめ、ポンカン、デコポン、八朔、清見、ネーブル、三宝柑など豊富な品種を栽培し、ほぼ一年中ミカンの収穫がある。

 「ミカンの刺し身盛り」を提供しているのは「Bar.Oct(バーオクト)」。店主の岡本格さん(39)が個性豊かなさまざまなミカンを知ってもらおうと考案。同市上秋津で50種以上のかんきつを栽培する原農園が協力している。

 現在使用しているのは、八朔、ハルカ、ポンカン、伊予柑(いよかん)、シークヮーサー、キンカン。2月下旬にはデコポンやせとかを提供できるという。果肉だけでなく、皮も盛り付けに使用。果汁をブレンドしたジュースも提供する。


写真【八朔やポンカンなど旬のかんきつの食べ比べが楽しめる「ミカンの刺し身盛り」(和歌山県田辺市湊で)】

更新)