AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

田辺湾に春 ヒロメ漁

 春の味覚として親しまれる海藻ヒロメ(ヒトハメ)の漁が、和歌山県の田辺湾でピークを迎えている。今年は不漁で、漁師らは例年の半分程度になるのではと心配している。

 新庄漁協(田辺市新庄町)では約20人がヒロメ漁をしている。田辺湾の神島周辺は絶好の漁場。漁船から箱眼鏡をのぞき込みながら長いさおを操り、ヒロメを巻き取る漁師の姿が見られる。例年多い日には50キロほどを採っているが、今年は20キロがやっとだという。

 同漁協では例年4〜5トンを水揚げしているが、今年は2トン前後に落ち込むのではないかと予測している。不漁の原因ははっきりとは分からないが、昨夏相次いだ台風の襲来で、海底がかき乱されたのが影響した可能性があるとみている。



 ヒロメはうちわのような形をしたワカメの仲間。紀伊半島南部など、全国でも限られた海域にしか分布しない。大きなものは長さ1メートルほどになる。とろみとシャキシャキとした食感が特徴。食物繊維の一つ「フコイダン」がワカメやコンブより多く含まれている。


写真【ヒロメをさおで巻き取って採る組合員(9日、和歌山県田辺市新庄町で)】

更新)