AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

白浜御苑がリニューアル 湯快リゾート、内外装を一新

 湯快リゾート(京都市)が和歌山県白浜町で運営する宿泊施設「白浜御苑」の改修工事が終わり、15日にリニューアルオープンする。露天風呂付きの客室を新たに5部屋設けたほか、食事には熊野牛や南高梅など、県の食材も多く使う。

 昨年9月から改修を進め、内装、外観ともに一新した。「庭園と穏やかな海に包まれる和みの宿」をコンセプトにしている。

 建物は8階建て。客室数は159から115になった。このうち42室は「和洋」タイプ。客室が減ったのは、大人数でも利用できるように2部屋を一つにした客室があるほか、減築もしたため。

 2階の大浴場は、お年寄りや子どもが足を滑らせないよう、畳敷きにした。露天風呂もある。2階にはカフェや岩盤浴、キッズコーナーなどを設け、ゆったりと過ごしてもらう空間にした。

 食事はバイキング形式。那智勝浦町産のマグロの刺し身やすし、「紀州うめどり」を使った料理など夕食と朝食を合わせて約150種のメニューを用意する。

 湯快リゾートは白浜温泉街で「ホテル千畳」「白浜彩朝楽(さいちょうらく)」を合わせた計3施設を展開している。


写真【大規模な改修を終え、15日にリニューアルオープンする「白浜御苑」=和歌山県白浜町で】

更新)