AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
ORICON NEWS

上川隆也、スーツ姿でロッククライミング 栗山千明「見てるだけでヒヤヒヤ」

劇中でロッククライミングに挑んだ上川隆也 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の上川隆也が6日、都内で行われた12日スタートのテレビ朝日系木曜ミステリー『遺留捜査』初回2時間SP完成披露試写会&舞台あいさつに登壇した。劇中で冒頭からスーツ姿のまま、ロッククライミングに挑んだ糸村聡役の上川は「そもそも糸村がなにをしでかしても驚かない」とひょうひょうと語り、「遺留品が目的となるとなにをするかわからないので、台本を読んでも『あ、ロッククライミングなんだ』としか思わなかった」と冷静に撮影に臨んだことを振り返った。

【写真】栗山千明も夏らしい浴衣姿で登壇

 一方で「ビル8階建て分くらいありそうな」そびえ立つ岩を前にすると「ここを上るのかという思いにはなった。前日に雨が降って壁面が濡れていて滑りやすかった。覚悟というほどではないですが気持ちを新たに臨みました」と挑戦。この模様を下から眺めていたという神崎莉緒役の栗山千明は「私自身、高所恐怖症なので見てるだけでヒヤヒヤ。上川さんは意外と高いところが平気とおっしゃっていて私のほうが冷や汗をかくような思いで見守ってました」と感心していた。

 2011年にスタートして以降、4シーズンの連ドラ化、4回のスペシャルドラマ化され、今回が5シーズン。京都を舞台に主人公の刑事・糸村聡が事件の真相をひもといていく。この日、涼しげな浴衣で参加した栗山は役衣装のままの上川に「上川さんは役衣装なんですね」と驚くと、上川は「糸村はこれ以外の格好をしないので…」と苦笑。「話が進んでスカイダイビングをすることがあっても多分この格好で飛ぶんだろうな」と想像を膨らませていた。



関連ニュース