AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

寺本君(熊野2年)が全国へ 県高校柔道新人大会

 和歌山県高校柔道新人大会の個人戦がこのほど、和歌山市であり、男子66キロ級で熊野2年の寺本祥稀君が優勝し、全国大会の出場権を得た。

 寺本君は20人が参加したトーナメントの準決勝で初芝橋本の選手と対戦し、3分間で決着がつかず延長戦で指導を奪って優勢勝ちした。決勝は箕島の選手と対戦し、またも延長戦となったが、得意の一本背負いが技ありとなって優勝を決めた。

 寺本君は「最後まで技を押していけた。全国では練習してきたことに自信を持って、ベスト8以上を目指す」と話している。

 熊野からはこのほか、男子60キロ級で山本雄大君(2年)が3位、女子52キロ級で高野そらさん(1年)が3位、女子57キロ級で伊藤千歩さん(2年)が3位だった。女子48キロ級では、神島の愛須百花さん(2年)が3位に入った。

 各階級ともトーナメントで戦い、優勝者が来年3月20日に東京都の日本武道館である全国大会の出場権を得た。


更新)