AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

串本が準優勝 熊野三山小学生バレー

 新宮バレーボールスポーツ少年団主催の「第38回熊野三山小学生バレーボールフェスタ」がこのほど、和歌山県新宮市内の3会場であった。最上位グループのトーナメントで串本少女バレースポーツ少年団(串本町)が準優勝し、新宮バレーボールスポーツ少年団A(新宮市)が3位となった。

 大会は、近畿大学付属新宮高校・中学校、城南中学校、緑丘中学校の各体育館であり、和歌山県と三重県から小学生でつくる20チームが参加した。予選リーグの順位によって、上位からプレミア(8チーム)、ミドル(6チーム)、シェル(6チーム)の各決勝トーナメントに進み、順位を競った。

 プレミアで串本は、1回戦で安原少女バレーボールクラブ(和歌山市)に2(23―21、21―6)0、準決勝で新宮Aに2(21―10、21―7)0で勝ったが、決勝でJVC下津(海南市)に0(20―22、19―21)2で敗れた。3位は新宮Aと和歌浦少年少女バレーボール部(和歌山市)だった。

 ミドルの優勝は南白浜ジュニアバレーボールクラブ(白浜町)、準優勝は富田少女バレーボールクラブ(同)、3位は吉備ジュニア(有田川町)と箕島ジュニア(有田市)だった。シェルの優勝は田辺NVC(田辺市)、準優勝はFROGS(三重県熊野市)、3位が新宮B(新宮市)とすさみ少女バレーボールクラブ(すさみ町)だった。



更新)