AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

練心館(田辺)が3位 熊野路少年柔道大会

 和歌山県白浜町の町立総合体育館で21日、第38回「熊野路少年柔道大会」(富田川流域柔道会主催、紀伊民報など後援)があった。26チームが練習の成果を競った。紀南勢では、練心館(田辺市)が3位に入賞した。優勝は、二見少年柔道クラブ(兵庫県)、準優勝は社柔道少年団(同)だった。

 大会は団体戦(1チーム5人)のみ。開会式では、上富田少年柔道振興会の串野魁星君(清川小学校6年)が代表し、「稽古してきた仲間とともに、精いっぱい戦うことを誓います」と宣誓した。

 26チームは8組に分かれて総当たり戦をし、各組の1位が決勝トーナメントに進んだ。

 練心館は3チームによる総当たり戦で全勝。トーナメント1回戦で浅井柔道スポーツ少年団(滋賀県)に勝ったが、準決勝で社柔道少年団に敗れ3位になった。

 紀南勢からは、ほかに富田川流域柔道会、上富田少年柔道振興会、印南柔道教室が参加したが、いずれもトーナメントに進めなかった。

 3位決定戦はなく、同じく準決勝で敗れた柔仁会(滋賀県)も3位になった。

 どの試合も激しい組み手争いがあり、観客からも声援が飛んだ。豪快な投げ技が決まる試合もあった。

 練心館の出場メンバーは次の皆さん。

 石本智也、藤田実、北田理侑、山口晟誇、山口晏奈


写真【練習の成果を競い、熱戦を繰り広げる大会参加者(21日、和歌山県白浜町で)】

更新)