AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

4日、みなべで6年生大会 梅の里小学生バレー

 第14回梅の里小学生バレーボール6年生大会(実行委員会主催、紀伊民報など後援)が4日、みなべ町内である。地元や県内、県外から男女や混成の計45チームが参加し、熱戦を繰り広げる。

 地元チームの6年生にとっては小学生最後の大会で、全国トップレベルのチームと対戦する機会になっている。

 会場は、上南部小学校、上南部中学校、南部小学校、高城中学校、南部高校の各体育館。全45チームを10グループに分け、1次予選(2セットマッチ)をする。その結果から全チームを上位(24チーム)、下位(21チーム)に分け、それぞれトーナメントで優勝を争う。予選は「女子」「男子」「混成」の各部に分けて戦い、上位トーナメントは「女子」と「男子・混成」の2部門に分けて順位を競う。

 昨年8月にあった全日本小学生大会の男子の部で優勝した若葉ビクトリー男子(東京都)や、同大会の混合の部で優勝したあおい(愛知県)が参加する。この2チームを含めて県外からは近畿地方を中心に32チームが参加する。

 県内からは13チームが参加。みなべ町からは南部の男女と梅の里の3チーム、新宮・東牟婁からは串本・三輪崎が参加する。



更新)