AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

印南町長ら壮行会で選手激励 市町村対抗ジュニア駅伝

 印南町と町教育委員会は13日、同町印南の町公民館で県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会(18日、和歌山市)に出る選手団の壮行会を開いた。

 選手団(団長・平尾潔司教育長)は選手が小学生男子6人、同女子5人、中学生男子6人、同女子7人の計24人。スタッフは森本博晃監督とコーチが大人7人、高校生2人。昨年12月に結団式を行い、練習に励んできた。森本監督によると今大会は、これまでのチーム最高である順位12位とタイム1時間13分13秒を上回ることを目指す。

 壮行会では、メンバー1人ずつの紹介があり、日裏勝己町長が「駅伝は1人が欠けてもつながらない競技。各自の思いをたすきにつなぐことは素晴らしい結果となり、人生にとってもプラスになる。精いっぱい力を出して頑張ってほしい」とあいさつ。

 平尾教育長は「これまで一緒に練習してきたことを大切にしてほしい。当日走る人、サブに回る人が心を一つにしてチーム一丸となり、自己ベストを目指してください」と激励した。

 日裏町長から選手を代表してたすきを受け取った切目中学校3年の白倉佳司主将が、全身全霊をかけて走ることを誓った。

 選手団は次の皆さん。

〔小学生〕

 男子=竹谷一毅(印南5年)、井田大貴(清流5年)、林凜人(印南6年)、西本空矢(同6年)、山下稜太(同6年)、脇本悠月(清流6年)

 女子=松本羽礼(印南5年)、北村佳乃子(同6年)、川村ゆひの(同6年)、平野倫視(稲原6年)、真鍋琴奈(切目6年)

〔中学生〕

 男子=前田晴輝(印南1年)、平井啓太郎(田辺1年)、松本虎和(印南2年)、松本凪流(同3年)、夏見宙茉(稲原3年)、白倉佳司(切目3年)

 女子=湯川陽菜(印南1年)、谷口千桃(切目1年)、片山有咲(同1年)、川上彩(同1年)、佐々木優(切目2年)、高芝日和(同2年)、林杏瑞(印南3年)


写真【印南町選手団のメンバーら(13日、和歌山県印南町印南で)】

更新)