AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

田辺第二が優勝、準優勝は富田 学童軟式野球

 第26回中田食品旗争奪学童軟式野球大会がこのほど、田辺市の神島台運動場などであり、田辺第二クラブ(田辺市)が優勝、富田少年野球クラブ(白浜町)が準優勝した。両チームは田辺・西牟婁の代表として5月の県大会に出場する。

 「高円宮賜杯第38回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント」の西牟婁支部予選を兼ね、田辺・西牟婁の21チームがトーナメントで競った。

 決勝は、2連覇を狙う田辺第二と、南白浜少年野球クラブと西富田野球クラブが統合して今季からスタートした富田が対戦した。田辺第二は1回、暴投や押し出し四球で3点を先制し、4回には5番岡本の本塁打などで追加点を挙げた。富田も好機をつくったが無得点に抑えられ、12―0で田辺第二が勝って2連覇を果たした。

 1回戦から準決勝までの結果は次の通り。

 1回戦=龍神13―0鮎川、すさみ6―2上秋津、田辺第一19―1上芳養、朝来9―0芳養、生馬11―9新二▽2回戦=田辺第二8―0龍神、田辺第三23―3すさみ、田辺第一5―4市ノ瀬、三栖14―1日置川、富田3―2朝来、田辺東部7―6稲成、あいづ6―0新庄、岩田14―1生馬

 準々決勝=田辺第二3―2田辺第三、三栖8―6田辺第一、富田10―6田辺東部、岩田8―0あいづ▽準決勝=田辺第二8―1三栖、富田10―5岩田



 県大会は5月19、20日に紀の川市の粉河運動場であり、県内8ブロックの代表16チームが参加する。優勝チームは8月19〜24日、東京の神宮球場である全国大会に出場。2〜4位のチームは、7月27〜31日に和歌山県内である第23回高野山旗全国学童軟式野球大会に出場する。


更新)