AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

田辺第二が優勝、準優勝の岩田と県大会へ 学童野球西牟婁予選

 学童軟式野球の代表決定戦西牟婁支部予選の決勝がこのほど、田辺市の神島台運動場であり、田辺第二クラブ(田辺市)が岩田シャークス(上富田町)を5―1で下して優勝した。田辺第二と岩田は、8月4、5日に日高地方である県大会に出場する。

 西牟婁支部予選は、三栖少年野球クラブ30周年記念大会を兼ねて22チームが参加した。

 決勝は岩田が4回表に5番太田の適時打で1点を先制。田辺第二は5回裏に1死満塁から3番山本の2点適時打などで5点を奪って逆転し、岩田の反撃を抑えて優勝した。

 県大会(第12回ナガセケンコー旗大会)は各支部の代表16チームがトーナメントで戦い、優勝チームが10月に京都府である近畿大会(第12回佐川印刷旗学童秋季大会)の出場権を得る。

 西牟婁支部予選の準決勝までの結果は次の通り。

 1回戦=あいづ12―0新二、三栖12―2稲成、富田10―3日置川、田辺第三4―2上秋津、鮎川5―2上芳養、田辺第一6―2芳養

 2回戦=田辺第二6―2あいづ、龍神4―1三栖、富田2(抽選勝ち)2新庄、田辺東部22―3白浜白球、田辺第三3―0朝来、市ノ瀬6―3生馬、すさみ9―1鮎川、岩田14―0田辺第一

 準々決勝=田辺第二6―2龍神、富田8―7田辺東部、田辺第三14―0市ノ瀬、岩田12―3すさみ

 準決勝=田辺第二7―1富田、岩田5―1田辺第三


更新)