AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

田辺第二が優勝 若鷲旗学童軟式野球大会

 第44回若鷲旗争奪学童軟式野球大会(田辺・西牟婁学童野球協議会主催、紀伊民報後援)の準決勝と決勝が3日、田辺市文里2丁目の文里多目的広場であった。決勝で田辺第二クラブが岩田シャークスを2―1で破って優勝した。

【決勝】

田辺第二クラブ
 010 000 1―2
 001 000 0―1
岩田シャークス

 〔田〕岡崎―日下
 〔岩〕川根、太田―太田、前田
  二塁打=新(田)

 田辺第二は2回1死一、三塁の好機に田中の犠打で先制。3回に岩田に1点を取られて同点に追い付かれたが、7回には2死二、三塁で日下が適時打を放って勝ち越し、接戦を制した。

 田辺第二は12月8、9日に太地町民グラウンドなどである「いさなカップ」に出場する。

 田辺第二主将の日下侑太君(6年)は「最近、別の大会で岩田に負けていたので、今回勝ててうれしい。決勝では良い守りができた。いさなカップでも優勝したい」と笑顔をみせた。

 岩田主将の太田哲雄君(6年)は「決勝は皆声が出ていてエラーもなく、最後に良い試合ができた」と話した。



 準決勝では、田辺第二があいづクラブに11―0(5回コールド)、岩田が富田少年野球クラブに5―4で勝った。


写真【優勝の田辺第二クラブ(上)、準優勝の岩田シャークス】

更新)