AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

障害者、プレー楽しみ交流 みなべでグラウンドゴルフ大会

 みなべ町は3日、同町筋の共和球場で「第22回みなべはあとはあとグラウンドゴルフ大会」を開き、同町や田辺・西牟婁から参加した29チーム181人の障害者が交流しながらプレーを楽しんだ。

 町社会福祉協議会、町障がい児者父母の会が共催。グラウンドゴルフを通じて交流を図り、障害のある人への理解を深め、社会参加の推進につなげることを目的に開いている。

 開会式で小谷芳正町長は「一生懸命に練習してきた成果を存分に発揮し、優勝を目指して頑張ってください」、町社福協の小谷眞千子会長も「親睦を深めて一日楽しんでいただけたら」とあいさつした。

 6ホールを回り、団体(1チーム6人)と個人でスコアを競い合った。町内の企業や団体、高校からボランティアが参加して運営を手伝った。

 入賞したのは次の皆さん。

【団体】

 (1)カリビアン・友情(きぼうの木)
 (2)ゆうあいA(ゆうあい)
 (3)コスモス(コスモスの郷)

【個人】

 (1)谷口喜美子(コスモス)
 (2)加藤良和(カリビアン・友情)
 (3)畑谷智哉(同)


写真【障害者が交流しながらプレーを楽しんだグラウンドゴルフ大会(和歌山県みなべ町筋で)】

更新)