AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

新庄が県大会連覇、しらいちが準優勝 小学生タグラグビー

 第15回全国小学生タグラグビー選手権大会の県予選大会(日本ラグビーフットボール協会主催)が2日、上富田町朝来の上富田スポーツセンターであり、新庄レッドハリケーンズ(田辺市)が優勝した。準優勝はしらいちボーイズ(白浜町)。両チームは近畿大会へ出場する。

 タグラグビーは、タックルの代わりに腰に着けたタグ(ひも)を取って相手の攻撃を防ぐ。ラグビーの初心者でも楽しめる。

 一般の部は4小学校から6チームが参加。このうち田辺・西牟婁からは新庄小の児童でつくる新庄レッドハリケーンズと、白浜第一小の児童でつくるしらいちボーイズ、しらいちガールズの3チームが参加した。複数校で編成したオープンの部には4チームが参加した。

 予選リーグは一般とオープンの計10チームが2ブロックに分かれて総当たりで対戦し、一般、オープンそれぞれの順位を決めた。新庄と、しらいちボーイズはそれぞれのブロックを1位で通過した。

 一般の部、オープンの部に分かれて決勝トーナメントがあり、シードの新庄が準決勝で和歌浦小Bに12―2で勝ち、シードのしらいちボーイズが準決勝で和歌浦小Aに9―7で勝った。決勝は新庄がしらいちボーイズに9―7で勝ち、初出場だった昨年に続いて優勝した。

 新庄としらいちボーイズは、来年1月20日に大阪市の鶴見緑地球技場で開かれる近畿ブロック大会に出場する。

 優勝の新庄と準優勝のしらいちボーイズのメンバーは次の皆さん。

 新庄レッドハリケーンズ 小川飛翔、森本琉海、中田大智、片田虎斗、山崎太一、松本龍也、平野友翔、坂口磨生(全員新庄小6年生)

 しらいちボーイズ 尾崎耶真斗、小阪秀人、竹中紅雅、濱田晃成、金原侶生、沓脱蔵人(全員白浜第一小6年生)


更新)