AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
南部龍神コールド負け 日高中津との分校対決
 第99回全国高校野球選手権和歌山大会(紀三井寺球場)は19日、第2試合(2回戦)で南部龍神と日高中津の分校対決があった。南部龍神が0―8で8回コールド負けした。

【19日】 

○第2試合(2回戦)

日高中津
 03020102―8
 00000000―0
南部龍神
 (8回コールド)

 〔日〕尾田、橋本、入山―川崎
 〔南〕小川隼、小川泰、横平―吉川輝
  三塁打=原(日)
  二塁打=原、柏原(日)、和田、小川隼(南)

 南部龍神は2回、2者連続の犠打に悪送球が絡むミスが重なって一気に3点を失った。その裏、1死から和田の二塁打と上原の安打で1死一、三塁の好機を迎えたが、鈴木海の投前ゴロがダブルプレーとなり無得点に終わった。

 その後も流れをつかめず、追加点を許すと打線も4安打に抑えられ、8回コールド負けを喫した。

 南部龍神の先発投手小川隼は2回に自らのミスでリズムを崩した。「甘い球を逃さず、強振してくるところに相手の強さを感じた」と振り返った。

○第1試合(2回戦)

 市和歌山7―1紀北農芸

○第3試合(2回戦)

 和歌山東9―2笠田
  (7回コールド)


写真【攻撃の前に宮井直哉監督(右端)の指示を聞く南部龍神のメンバー=19日、和歌山市の紀三井寺球場で】

更新)