AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
ホーム > 共同通信PRワイヤー
国内| 海外
EBCoin
12/08 10:08
EBCoin、国際ショッピングの振興を目指して旅行者に便宜を提供
EBCoin、国際ショッピングの振興を目指して旅行者に便宜を提供



AsiaNet 71434 (1994)



【ソウル(韓国)2017年12月7日PR Newswire=共同通信JBN】国際的な仮想通貨ベンチャーのEBCoinが、旅行者に魅力的なデジタルコインと通貨取引プラットフォームを立ち上げる。Eximbay Coin(http://ebcoin.io )の略語であるこのベンチャーは、韓国と日本、中国の間を旅する旅行客を主に対象とするが、世界的なツーリズムを活性化する力を秘めている。



EBCoinは現時点で旅行客が海外でショッピングする際に直面する高価な障害に対処するのが狙い。その主なものは消費税だ。理論的には旅行客は税還付を通じてこうした税負担を回収できるが、還付制度の複雑さや高コストのために、ほとんどの旅行客の手元に戻るのは、支払ったお金のごく一部。通貨交換のコストとともにこの点が、そもそも旅行に行きたい人の数と、旅行する人々が使いたい金額を抑え込んでいる。



EBCoinは税還付申請のための分散型プラットフォームを提供し、旅行客は消費税で支払ったお金のほとんどを回収できる。新しく発行されるコインは多くの法定不換通貨やデジタル通貨との交換が可能で、分散型取引プラットフォームが備わることで、旅行客は外貨両替に伴うコストを減らせる。こうした取り組みによって、韓国や日本、中国などの人々の海外旅行とショッピングはとても楽になるに違いない。



▽税還付の限界に対応

他国を訪れる旅行客の支出額に影響する最も重大な要素の1つが、訪問国の税金である。消費税は国や地域、地方政府の予算の大きな部分を占めることがある。特に欧州諸国ではそうした税金が小売商品の値段の15%以上にもなる。一般的に消費税は、それで直接サービスを受けるその国の人々には受け入れられているが、旅行客には不適当な損失である。この理由から多くの国々は、外国旅行客が滞在中に支払った消費税を還付している。



税還付は多くの旅行客を呼び込む可能性があるが、実際はその効果が限定される。還付制度が面倒なためだ。還付を請求するには旅行客はショッピング履歴を記録し、空港やその他決められた場所の税関に提出しなければならない。しかしそうした税関の場所は数が限られるため、長い列で待つことになる。それに必要書類の記入と還付の正確な数量の確定は複雑で、多くの旅行客は税還付申請をしたがらない。結果として約240億ドルの還付金が未申請になっている。(https://www.writeraccess.com/upload/xFnr5j7vOCwC_KQArYs1_f-p.docx



旅行客が還付申請をしても、多くの場合で満額を受け取れない。現在の還付処理システムは高価で、税還付総額の最大30%に相当する。このためますます旅行客は還付申請をしたがらなくなる。



EBCoinは税還付を簡素化して事務費用を減らすため、旅行客が自ら必要関連情報を入力できるアプリを提供する。ユーザーはパスポートをスキャンし、アプリに情報を入力する。これで身元と出身国を特定する。それから旅行中に買った品物のレシートを読み込み、信頼できるショッピング履歴を作成する。それによって支払った消費税の総額を計算できる。この情報を利用して本プラットフォームで税還付を申請すれば、デジタル通貨で支払いを受けることになる。



EBCoinは高度に分散化されているので、税還付の処理費用を取る仲介者はいない。ユーザーは空港で列に並んだり、ショッピングの記録や確認の複雑な手続きをする必要はない。従って正当な還付を申請するユーザーは増えることになり、そうすることで還付総額に近い金額を受け取る。このため旅行客は手元に何十億ドルものお金が入り、海外旅行やショッピングの機会を増やすインセンティブになる。



▽通貨交換とEximbay Coin

ユーザーが税還付を申請できるだけでなく、EBCoinのプラットフォームは独自のデジタル通貨を発行する。このEximbay coin(EBC)は、日本と中国、韓国、その他東・東南アジアの6000企業以上にサービスする韓国の決済サービス会社KRPに支援されている。そうした企業の多くは買い物でこのコインの受け入れをはじめる可能性が高いことから、旅行客はEBCを利用できるようになる。現地通貨を入手する必要性がなくなるのだ。EBCoinのプラットフォームでユーザーがコインを現地通貨か自国通貨、その他の国の通貨、デジタル通貨に両替することも可能だ。



EBCoinは税還付処理と並んで、同通貨と他の通貨を両替する分散型の手段も提供する。これには仲介料や両替料がいらないので、海外旅行とショッピングの費用が少なくて済む。EBCoinのユーザーは独自通貨の供給を受けることで、他の通貨の価値を計る基準もでき、両替で良い取引を確保することが容易になる。



EBCoinは15億コインをクリエートする計画で、そのちょうど半分はトークンセールで一般に供給する。プラットフォームは2017年12月のプレセール期間に1億5000コインを発行し、2018年1月のICOには3億7500万コインを配布する。コインは当初6000EBCは1ETHにペッグされる。この価値はプラットフォームの人気が高まり、Eximbay coinの需要が高まれば、変動することになる。



ソース:EBCoin



▽問い合わせ先

Michael Templeman

800-273-2113