AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
ホーム > 共同通信PRワイヤー
国内| 海外
City of Duesseldorf
01/03 17:21
グランデパール2017を追い風に州都デュッセルドルフは2018スポーツ年に向かう
グランデパール2017を追い風に州都デュッセルドルフは2018スポーツ年に向かう



AsiaNet 71687 (0009)



グランデパール2017を追い風に州都デュッセルドルフは2018スポーツ年に向かう



【デュッセルドルフ2017年12月29日PR Newswire=共同通信JBN】

*2024年欧州サッカー選手権開催地も視野に



州都デュッセルドルフは、欧州トライアスロン選手権、世界卓球選手権、グランデパールのツール・ド・フランスの3つの主要なスポーツイベントを主催した2017年を終えるに当たりボジティブな結論を引き出し、 2018スポーツ年を楽しみにすることができる。



(Photo: http://mma.prnewswire.com/media/623271/City_of_Duesseldorf_table_tennis.jpg

(Photo: http://mma.prnewswire.com/media/623269/City_of_Duesseldorf_cycling.jpg

(Photo: http://mma.prnewswire.com/media/623270/City_of_Duesseldorf_football.jpg



30年ぶりにドイツでスタートするツール・ド・フランスのため、今年6月29日-7月2日に、世界各地から100万人超の人々がデュッセルドルフを訪れた。うち74%はデュッセルドルフ市民ではなかった。海外からやってきたのは25%。第1ステージ開催当日には豪雨にもかかわらず、デュッセルドルフの人々や訪問客は雨の中で夏の物語を祝った。



トーマス・ガイゼル市長は「グランデパール開催により、街のマーケティングを強化し、デュッセルドルフをサイクリング・シティーとして促進し、フランス・ドイツの友情と地域協力の両方に強いシグナルを与えることを期待した。われわれは成功した。デュッセルドルフのグランデパール2017が州都デュッセルドルフにとり大成功を収め、世界における注目度やイメージを、また地域の信頼できるパートナーとしても変貌させたことは間違いない。 このことは国内外からのコメントで示されている」と語った。



ツール・ド・フランス開催によるデュッセルドルフのイメージアップは極めて大きい。プレス関係の計算によると、2016年8月1日から2017年7月31日までのソーシャルメディア、印刷物、オンラインレポートを経由した、デュッセルドルフのグランデパール2017のメディア・プレゼンスの広告価値は、3億4300万ユーロ相当に達した。Nielsen Sportの分析によると、151時間のビジビリティーを持つテレビ画像は、ドイツで1300万ユーロ相当の広告価値をあらたに創出した。2017年6月28日から7月3日までライブTV放送および2次的報道の視聴者数はドイツ全土と海外で3億5450万人に達した。



5月29日-6月5日の世界卓球選手権大会主催も大成功だった。トーナメントの8日間に5万8000人の観衆が試合を観戦した。トーナメントの映像は、テレビやインターネットを通じて世界の122カ国に伝わった。中国のテレビでは3億2000万人超の人々が世界卓球選手権を観戦した。



したがって、デュッセルドルフは大きな熱意を持って振り返っているが、もちろん将来も見据えている。来年、ドイツとスペインの国際サッカー試合が、2018年3月23日にデュッセルドルフで開催され、2018年2月23日-25日にはドイツ初の柔道グランドスラムが開催される予定である。かくしてデュッセルドルフはパリ、東京、バクー、エカテリンブルク、アブダビとともに柔道グランドスラムシリーズの6会場の一つとなる。



これに加えて、全ドイツ・ハンドボール・スーパーカップと全ドイツ・ビーチバレーボールが市中心部のブルクプラッツ、陸上競技のPSD Bank Meeting、Metro Group Marathon、ユースサッカーのChampions Trophy、T3 Triathlonなどが開かれる。



しかし、デュッセルドルフはまた、欧州サッカー連盟(UEFA)による2018年9月の、2024年欧州選手権開催国決定を指折り数えて待っている。これにはドイツとトルコが開催国に立候補している。ESPRITアリーナを擁するデュッセルドルフは、ドイツが欧州選手権2024の開催国に立候補する際の10のサッカー会場のうちの1つである。



国内候補地選考プロセスの枠組みの中で合計14の都市とスタジアムが文書を提出した。デュッセルドルフは、ドイツ全体ではベルリンとミュンヘンに次ぐ3位、ノルトラインウエストファーレン州では首位に評価された。



トーマス・ガイゼル市長は「デュッセルドルフは1988年以来初めて国際サッカー選手権開催地となる可能性がある。これはわれわれにとり大成功だ。DFBがデュッセルドルフを欧州サッカー選手権2024の会場に選んだことを大変うれしく思う。2017年は、州都デュッセルドルフがプロフェッショナリズムと熱意を持って、主要な国際スポーツイベントを首尾よくこなすことができることを特に示した」と語った。



州都デュッセルドルフに関する詳細な情報はhttp://www.duesseldorf.de を参照。





▽問い合わせ先  

City of Duesseldorf

Media Department

Spokesperson Kerstin Jaeckel-Engstfeld

Phone: +49-211-8993131

presse@duesseldorf.de



ソース:City of Duesseldorf