AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
ホーム > 共同通信PRワイヤー
国内| 海外
Empire State Realty Trust, Inc.
02/09 17:06
エンパイアステートビルが2018年バレンタインデー・ウエディングコンテストの勝者発表
エンパイアステートビルが2018年バレンタインデー・ウエディングコンテストの勝者発表



AsiaNet 72243 (0284)



【ニューヨーク2018年2月9日PR Newswire=共同通信JBN】

*2月14日、アイコニックな名所で11組が結ばれる



エンパイアステートビルディング(ESB)は9日、Kleinfeld Bridalが提供するバレンタインデー・ウエディングコンテストの勝者に選ばれた幸運な11組を発表した。



Photo - https://mma.prnewswire.com/media/640043/Empire_State_Realty_Trust_Wedding.jpg



ESBの世界的に有名な86階の展望台は1931年以来、数えきれないスクリーン上のロマンスに登場し、カップルが愛を分かち合って誓いを交わす最高の背景になってきた。バレンタインデーは1年のうち、選ばれたカップルが世界一ロマンチックなビルで結婚する絶好のチャンスを得る日である。今年の2月14日、この特別なバレンタインデーの伝統の24回目の記念日に11組が自分たちの結婚の夢を実現させる。



ESBはこの日、名高い86階の展望台で次ように結婚式を主催する(敬称略)。



*午前8時15分-タリン・バウムとジャレッド・トラウブ(ニューヨーク・クイーンズ区):地元カップルのタリンとジャレッドはフランスのベルサイユ宮殿で婚約した。2人ともニューヨークで生まれ育ったことから、タリンはニューヨークのジャレッドの好きな場所、エンパイアステートビルディングほど結婚にふさわしい場所はないと考えた。彼女はコンテストに内緒でエントリーし、素晴らしいニュースで婚約者を驚かせた。地元のカップルは今、世界に名高い86階の展望台で家族と友人を前に誓いを交わせることを喜んでいる。



*午前8時30分-アリックス・ポールとジョナサン・ネーゾン(ペンシルベニア州ベンセイラム):アリックスとジョナサンは高校で出会い「自分と異なる者に引かれる」という古くからの物語の通りになった。アリックスは科学を専攻し、ジョナサンはスポーツ選手だった。7年以上付き合ったが、アリックスが医科大学に入学する夢を追求して遠距離を克服した時期もあった。ジョナサンは、アリックスが珍しく帰省した際にエンパイアステートビルディングの展望台でプロポーズした。彼らは自分たちの人生が大きく変わったまさにその場所で誓いを交わすことを楽しみにしている。



*午前8時45分-アリクサンドラ/ブレット・エプス(ノースカロライナ州シャーロット):アリクサンドラの最初のデートは、ブレットが珍しい腎臓病の状分節状糸球体硬化症(FSGS)につながる症状を経験し始めた夜だった。2人の関係は、ブレットが克服すべきハードルで強化され、その後、ブレットの腎臓移植が必要と決まったとき、アリクサンドラはテストを受けて完全に適合することが証明された。手術の朝にブレットはプロポーズした。カップルはエンパイアステートビルディングの上で、病気のときも健康なときも一緒にいるとの誓いを新たにすることをうれしく思っている。



*午前9時-アン・ワンとウェイ・クイ(中国北京とニューヨーク):アン・ワンとウェイ・クイは一緒になって10年たつが、現在はウェイがニューヨークに、アンが北京に住んでいるため、ここ4年は年に1度、訪問し合っている。2年前の冬、彼らは世界的に有名なエンパイアステートビルディングを一緒に訪れ、息をのむ屋外の眺めが好きになった。カップルは特別な結婚の日に、この驚くべき眺望を再び共有できると大喜びしている。



*午前9時15分-パトリシア/ケビン・バーンズ(ニューヨーク州ヨークタウンハイツ):ケビンとパトリシアは1998年、ともにニューヨーク市警本部(NYPD)の巡査部長だったときにエンパイアステートビルディングで結婚した。それから20年、3人の子ども、その後の乳がん克服を経て、誓いを新たにすべくその場に戻って来る。



*午前9時30分-アリカ/ジャスティン・ウィルソン(バージニア州バージニアビーチ):アリカとジャスティンは6週間の電子メールと電話のやり取りの後で決断した。アリカはジャスティンに会うために飛行機に乗り、空港から車で法務官事務所に直行して結婚した。2018年2月15日は彼らの結婚10周年記念日であり、カップルはアイコニックなエンパイアステートビルディングで誓いと信念を新たにすることを楽しみにしている。



*午前9時45分-サビナ・バブラスとジョシュア・オーティス(ニューヨーク州ホワイトストーン):サビナ・バブラスは若い頃、ビッグアップル(ニューヨーク市)で暮らすことを夢見ていた。今、その夢を実現して婚約者で理想の男性であるジョシュアと一緒に住んでおり、やるべきリストの次の項目はエンパイアステートビルディングで結婚することである。ジョシュアとサビナは夫と妻として一緒になるという夢を実現することで、リストからもう1つの項目を消すことに感激している。



*午前10時15分-ヤヒラ・イノアとホセ・マルティネス(ニューヨーク州ウェストハベストロー):ヤヒラとホセの真実の愛はほほ笑みとともに始まった。出会い系サイトを通じ、2人はすぐ相手に引き込まれた。彼らはほぼ1年前、世界的に有名な86階の展望台で婚約した。ヤヒラとホセは世界一ロマンチックなビルで「誓います」と述べるため、このバレンタインデーに戻って来る。



*午前10時30分-ミシェル・デービスとロク・ブー(ウィスコンシン州グリーンデール):待てば海路の日和あり。ロクとミシェルの愛は一緒に暮らした24年を通じて育まれてきた。今は息子のコナーが加わり、カップルはエンパイアステートビルディングで誓いを新たにし、愛を祝うことを喜んでいる。



*午前10時45分-マリア・イベット・マリオとジュリアン・パウリノ(カリフォルニア州ロサンゼルス):マリア・イベットとジュリアンは州や経歴、文化が異なるが、世界で最も多様な都市ニューヨークで出会い、そこで自分たちに最適の生活を築いた。マリア・イベットとジュリアンは現在、ロサンゼルスに住んでいるものの、彼らが恋に落ちた都市を代表するアイコニックな名所で結婚すべきであることが分かっていた。



*午前11時-ローリー/リッチ・トレッツァ(ニュージャージー州ランドルフ):ローリーは、父親がエンパイアステートビルディングに入居していたとき、ニューヨーカーなら誰でもうらやむビルへのアクセスを手にしていた。以来、それは人生の大きな部分を占め、最愛の人リッチと結婚した夜も、式場からこのビルを眺めることにこだわった。20年後、リッチとローリーは2人にとって世界を意味する場所で、互いのコミットメントを新たにする。



Kleinfeld Bridalは、エンパイアステートビルディング2018年バレンタインデー・ウエディングのプレゼンティングスポンサーである。ブライダルファッションのリーダーとして、花嫁にはニューヨーク市にある同社の有名な旗艦店で選んだウエディングドレスが贈られる。



さらに、米国本土のカップルは全員、グランドハイアット・ニューヨークでの1泊、エンパイアステートビルディングのステート・グリル&バーにおける特製コンチネンタルブレックファーストとプロセッコトースト、1-800-Flowers.com(R)提供のブライダルブーケとブートニエール、HitchSwitchの無料の名称変更を楽しめる。ラッキーな1組はRoyalton Luxury Resortの包括的な新婚旅行パッケージを獲得する。



間もなく花嫁になる中国の女性アン・ワンは、世界的に有名なビルの上で大切な人と結婚するため、中国国際航空(エアチャイナ)の北京-ニューヨーク往復チケットも受け取った。



コンテストの詳細な内容はwww.facebook.com/empirestatebuilding を参照。



Kleinfeld Bridal、1-800-Flowers.com、Grand Hyatt New York、Royalton Luxury Resorts、HitchSwitch、STATE Grill & Barの詳細な情報は以下を参照。

https://www.kleinfeldbridal.com/

https://www.1800flowers.com/

http://newyork.grand.hyatt.com/

http://www.royaltonresorts.com/

http://www.hitchswitch.com

www.stategrillesb.com



▽エンパイアステートビルディング(Empire State Building)について

マンハッタンのミッドタウンにそびえ立つ高さ1454フィート(地上からアンテナまで)のエンパイアステートビルディングは、Empire State Realty Trust, Inc.が所有する「世界で最も有名なビル」である。エネルギー効率、インフラ、公共区域、アメニティーへの新たな投資によって、エンパイアステートビルディングは世界中のさまざまな業界の一流テナントを引き寄せている。この摩天楼の堅固な放送技術はニューヨーク都市圏市場の主要なテレビ局、FMラジオ局をサポートしている。エンパイアステートビルディングは、米国建築家協会が行った調査で米国の好ましいビルに選ばれ、エンパイアステートビルディング展望台は地域のナンバーワンの観光地として世界で最も愛されるアトラクションの1つである。エンパイアステートビルディングに関する詳しい情報は以下を参照。

www.empirestatebuilding.com

www.facebook.com/empirestatebuilding

@EmpireStateBldg

www.instagram.com/empirestatebldg

www.youtube.com/esbnyc

www.pinterest.com/empirestatebldg/



▽Empire State Realty Trustについて

有力な不動産投資信託(REIT)のEmpire State Realty Trust, Inc.(NYSE: ESRT)は、世界で最も有名なビルであるエンパイアステートビルディングを含め、マンハッタンとニューヨーク大都市圏のオフィス、リテール資産を所有、経営、運用、買収、再配置している。ニューヨーク州ニューヨーク市に本社を置く同社のオフィス、リテールポートフォリオは、2017年9月30日現在で賃貸用面積が1010万平方フィートに上り、このうち940万平方フィートは14のオフィス資産(マンハッタンに9、コネティカット州フェアフィールド郡に3、ニューヨーク州ウエストチェスター郡に2)で、約70万平方フィートがリテールポートフォリオである。



ソース:Empire State Realty Trust, Inc.