AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

(747)放送400回

 「森センセイ、放送400回おめでとうございます!」

 長年、私の番組パートナーを務めてくれている志賀さんが向かい合った机の下から隠してあった花束を取り出して手渡してくれた。「えっ、もうそんなになるの?」「開局以来の長寿番組ですよ」

 私が月2回レギュラーを務める白浜のFMビーチステーションの番組「森と海の物語」が次回で放送400回を迎える。開局したのが1998年5月で、その直後に始まったから、18年近く。思えば一度も欠けることなく、よくも続いたものだ。

 「森さん、今度白浜でFMのコミュニティー放送が始まるんだけど、半年でいいから出演してもらえませんか?」「いいですけど…」「あのー、ギャラは出ないんですが」「まあそんなことだろうと思いましたよ。その代わり一人でしゃべるのは嫌だから。できれば女のコのパーソナリティーを付けてください」

 誰から頼まれたのか忘れてしまったが、半年間のつもりが局からも私からも終わりを言い出さないでいるうちに400回まで来てしまい、ここまで来るともうやめられない。まあこれも飽きずに聞いてくださっているリスナーの皆さまのおかげだ。

 ところで「森と海の物語」は私が訪ねたさまざまな国の自然や風物、ちょっと怪しい食文化まで、何でもありのトークで、途中に音楽を2曲挟むが、これが結構怪しい。私が現地で(自前で!)買ってきたCDの中からディレクターが選曲するのだが、サモア語やトンガ語、フィジー語などなどタイトルも曲名も読めやしないから、とにかく1度聞いてみて決めるしかない。

 しかし、何でも自由にさせてもらえるからこそ長続きした番組で、これはFMビーチステーションのスタッフの忍耐のたまもの?だろう。皆さま、これからもよろしく!

 (エビとカニの水族館館長)

写真【番組パートナーから贈られた花束(和歌山県白浜町で)】

更新)