AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

(766)不眠

 寝つきの良さでは誰にも負けなかった私が、先月過労で倒れて入院して以来、眠れなくなった。

 毎日疲れ切って水族館から帰宅し、夕食と入浴を済ませてからさらに原稿や持ち帰った仕事をこなすためにパソコンに向かって、あとは泥のように眠るだけという生活を続けてきた。しかし、とにかく体を休ませなさいというお医者サマの言うことを聞いて、少なくとも家で仕事の続きをすることは控えるようになったので、疲れ切って寝るということがなくなったせいだろう。

 おまけに移動水族館が始まる夏休みまでにあれもしなければ…、これもできていない…と気になることばかりで、これはもう一種の精神的な病気?だ。もちろん仕事を元の状態に戻せば治るのだろうが、今度は体が悲鳴を上げる。

 「これは睡眠薬じゃなくて軽い睡眠導入剤だから習慣性もないし心配しなくていいよ」

 睡眠薬なしで眠れなくなったらどうしよう…という一抹の不安を抱きながら恐る恐る睡眠薬が欲しいとお伺いを立てたら、睡眠導入剤を処方してもらうことができた。

 劇的に改善されたという実感はないが、取りあえずいつの間にか眠ってしまっているから効果はあるのだろう。

 幸い、体がまだフラついてバランスが取れないのでつえの助けはかかせないものの、強烈な目まいや吐き気を覚える日は皆無となり、一時耳鳴りがひどくて聞こえ難かった右耳の状態も改善されてきて、徐々に以前の体調に戻りつつある。

 「森さん、移動水族館の設営は指図するだけでいいですからね」「なんならいすに縛り付けときましょうか」「絶対に車で移動したらダメですよ。もう年なんですから」

 今回の入院ですっかりスタッフの信用を無くした。まあ今年はすさみに残ってしっかり睡眠を取ろう。

 (エビとカニの水族館館長)

写真処方された睡眠導入剤

更新)