AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

今後もタケノコ退治 森林立ち枯れで

 熊野古道「高野坂」沿いにある新宮市の御手洗(みたらい)国有林について、林野庁和歌山森林管理署(田辺市)は28日、昨年度に引き続き、今後も森林の立ち枯れ原因となっている竹林やタケノコを伐採していくことを決めた。竹は増え続けており、先の長い事業となりそうだ。新たに生態系調査も行い、動植物の保護を進める。

【古道整備のためにタケノコを掘り起こすボランティアら(4月25日の作業から)】

[続きを読む]

更新)