AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「保全に地元の協力を」 古座高校で講演

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全にかかわっている県地域振興課・世界遺産センター主任の七滝高至さん(52)が11月30日、串本町の古座高校で講演し「紀伊山地は広大な自然の中に3つの霊場がある独特な場所。保全には行政だけでなく地元の人の協力が必要。世界遺産登録地に住むという誇りを持ってほしい」と話した。

【世界遺産の保全について講義する七滝高至さん(30日、串本町の古座高校で)】

[続きを読む]

更新)