AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

熊野三山にぎわう 世界遺産で増加傾向

 正月三が日の紀南地方は、初詣で客や観光客でにぎわった。熊野三山には前年を2万1500人上回る53万4500人が訪れた。特に田辺市の熊野本宮大社が増えた。2日に雨が降ったものの、全体的にみると昨年よりやや客足が伸びた。


 田辺市の熊野本宮大社によると、1日に11万人、2日に5万5000人、3日に9万人の計25万5000人が参拝した。昨年より2万人、一昨年より3万人程度増えており、世界遺産登録を受けて増加傾向にある。

 熊野本宮観光協会によると、大社周辺の国道は、観光客の車で混雑した。初詣でに合わせ熊野古道を歩く宿泊客や日帰り客もおり、語り部利用の問い合わせも多かった。

 那智勝浦町の熊野那智大社は、11万500人(昨年比500人増)でほぼ昨年並みとなった。1日に全体の半数5万3500人が訪れた。

 新宮市の熊野速玉大社は、16万9000人(1000人増)で微増した。雨だった2日は2万5000人で7000人減ったものの、3日に同じ数だけ増えた。

 熊野三山では、3つの大社を順に巡って初詣でに参る人や関東方面からの客が増えてきているという。関係者は「遺産登録や、道路整備が進んだこともあり、知名度が定着してきた」とみている。

パンダ効果も

 双子のパンダが生まれた白浜町のサファリパーク「アドベンチャーワールド」は家族連れでにぎわった。広報担当者は「パンダについて『元気に育って』との声が多く寄せられている」と喜ぶ。

 白浜エネルギーランドは4500人(700人増)。12月29日からでみると1300人増で、担当者は「アドベンチャーワールドのパンダ効果もあるのではないか」とみている。白浜町の三段壁洞窟は「天候が悪かったため、やや客足が伸びなかった」と話している。


写真【多くの初詣で客でにぎわう熊野本宮大社(1日、田辺市本宮町で)】

更新)