AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

世界遺産次世代へ 県が修復の補助制度創設

 県は、世界遺産が風水害などで損傷した場合、修復、保護する補助事業を創設する。小規模な損傷には国や県の補助金がなく、地元市町や所有者の負担でまかなわれることが多かった。観光客が増える熊野古道では損傷も増えており、県は「制度創設できめ細かい保全管理をし、良好な状態で次世代に受け継いでいきたい」と話している。

[続きを読む]

更新)