AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

出立王子跡にスタンプ 古道客の増加で

 田辺市の出立町内会(柴田達夫会長)は、県指定文化財で熊野九十九王子社の一つ、出立王子の記念スタンプを作り、観光客向けに、同市上の山の王子跡に置いている。

 出立王子跡は、県道から田辺第三小学校に向かう坂道の途中にある。熊野古道が世界遺産に登録されてから団体客が増え、1日100人以上訪れる日もあるといい、訪れた人に楽しんでもらおうとスタンプを置くことにした。

 スタンプは直径6センチ。万葉集で詠まれた出立王子にちなんだ和歌が刻まれ、記帳用のノートとともに高さ約140センチの木箱の中に収められている。

 柴田町内会長(59)は「田辺市中辺路町や本宮町の王子跡にはスタンプを置いている所が多い。観光客の記念になれば」と話している。


写真【出立町内会が作った出立王子のスタンプ(田辺市上の山で)】

更新)