AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

紀南の社寺 33カ所巡りを企画

 NPO法人「熊野曼陀羅」(長谷明理事長)は4月から、紀南33カ所の社寺を参拝してまわる「熊野曼陀羅33カ所巡り」を始める。3日は、田辺市湊の闘けい神社でオープニング記念行事を開く。参加者を募集している。


 世界遺産に登録された熊野地域の歴史や文化を全国に発信するのが目的。2004年6月にNPO法人化し、準備に取り組んできた。

 熊野地方を何度も訪れてもらう方法として、社寺巡りを企画した。熊野古道沿いで、協力が得られた33社寺を選んだ。

 コースは闘けい神社(1番)を出発、上富田町の稲葉根王子社(7番)を通って田辺市本宮町の熊野本宮大社(14番)など熊野三山へ抜ける。那智勝浦町の補陀洛山寺(20番)を回って海岸線を北上、古座川町の霊巌寺(26番)、すさみ町の萬福寺(31番)を巡り、白浜町の聖福寺(33番)で締めくくる。

 朱印帳(1700円)に各社寺で1カ所ずつ朱印(300円)を押してもらうことができる。社寺の解説と地図が載った冊子(1000円)もある。

 長谷理事長は「熊野の魅力を全国にアピールし、地場産業の振興にもつなげていきたい」と話している。

 3日は午前10時から、同市扇ケ浜のカッパーク広場で参加者の受け付けをした後、平安衣装姿の人らとともに闘けい神社まで歩く。午前11時から同神社境内で、33カ所巡りの説明やお払いがある。100人限定で熊野曼陀羅冊子と朱印帳をプレゼントする。

 問い合わせは、NPO法人「熊野曼陀羅」(0739・42・5533)へ。

 33カ所は次の通り。

 (1)闘けい神社(田辺市湊)(2)海蔵寺(同市南新町)(3)芳養八幡神社(同市中芳養)(4)泉養寺(同市中芳養)(5)尋声寺(同市中三栖)(6)救馬渓観音(上富田町生馬)(7)稲葉根王子社(同町上岩田)(8)興禅寺(同町市ノ瀬)(9)住吉神社(田辺市鮎川)(10)福巌寺(同市中辺路町西谷)

 (11)滝尻王子宮(同市栗栖川)(12)継桜王子宮(同市中辺路町野中)(13)玉置神社(奈良県十津川村)(14)熊野本宮大社(同市本宮町)(15)東光寺(同市本宮町湯峯)(16)祐川寺(同市本宮町請川)(17)阿弥陀寺(那智勝浦町南平野)(18)熊野那智大社(同町那智山)(19)青岸渡寺(同町那智山)(20)補陀洛山寺(同町浜ノ宮)

 (21)神倉神社(新宮市神倉)(22)熊野速玉大社(同市新宮)(23)阿須賀神社(同市阿須賀)(24)南珠寺(同市佐野)(25)大泰寺(那智勝浦町下和田)(26)霊巌寺(古座川町高池)(27)成就寺(串本町西向)(28)神王寺(同町伊串)(29)潮御崎神社(同町潮岬)(30)海蔵寺(同町江田

 (31)萬福寺(すさみ町周参見)(32)草堂寺(白浜町富田)(33)聖福寺(同町堅田)


写真【神社仏閣33カ所巡りを企画したNPO法人「熊野曼陀羅」の長谷明理事長(左)ら=20日、田辺市役所で】

更新)