AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

世界遺産センターに展示・交流空間

 県は19日、田辺市本宮町の県世界遺産センター(本宮行政局内)に、和歌山の世界遺産を紹介する展示&交流空間「Kii Spirit」を開設する。年中無休で開館時間は午前9時〜午後5時。入場無料。仁坂吉伸知事は「和歌山の誇る文化を世界に発信していく」と話している。

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に関する情報を発信し、来訪者の関心をより一層高めるのが狙い。学習、啓発拠点として位置付けている。

 展示スペース(70平方メートル)は、本宮行政局内の1階正面フロアに設置する。紀伊山地の自然観を表現し、五感に働き掛ける空間になるよう工夫したという。世界遺産の解説用パネル、衛星から撮影した地図、蟻(あり)の熊野詣の模型、イメージ映像を流すモニター4台を設置する。

 交流スペース(70平方メートル)は、県世界遺産センターがある1階に設置する。曼荼羅(まんだら)のタペストリー(壁かけ)を掲示し、関連図書やビデオが鑑賞できる。

 開設の事業費は2953万円。

 開設初日の19日は、午後1時から記念式典を開催する。午後3時から一般公開、同3時20分から交流スペースで県世界遺産センターの速水盛康主任が「後鳥羽上皇が読み解く―世界遺産展示ガイド」と題したセミナーを開く。入場は無料。

 問い合わせは、県地域振興課(073・441・2374)へ。


更新)