AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

世界遺産登録3周年記念しシンポ

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の登録3周年を記念するシンポジウムが6月30日、大阪市北区の朝日新聞ビルであった。宗教人類学者の植島啓司さんと奈良県吉野町の金峯山寺宗務総長・田中利典さんが対談。修験道を事例に、日本人の宗教観と紀伊山地のかかわりについて語った。

【日本人の宗教観について対談する田中利典さん(写真左)と植島啓司さん=大阪市北区で】

[続きを読む]

更新)