AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

活用や保全で論議 世界遺産 登録10周年報告会 新宮

 世界遺産登録10周年を迎えた「紀伊山地の霊場と参詣道」について考える記念報告会(熊野歴史研究会主催)が23日、和歌山県新宮市春日の春日教育集会所であった。文化財担当者や研究会の会員ら約30人が参加し、世界遺産に登録されている熊野古道などの魅力をどのように伝え、生かすかを論議した。

世界遺産の活用や保存について意見交換する参加者(23日、和歌山県新宮市で)

[続きを読む]

更新)