AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「地元の誇り、後世に」 那智勝浦で記念祭 世界遺産登録10周年

 「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録10周年の記念祭(県主催)が8日、和歌山県那智勝浦町天満の体育文化会館であった。地元の市野々、勝浦両小学校の児童たちがメッセージを披露したほか、前文化庁長官の近藤誠一さんが世界遺産をテーマに講演し、「地元の誇りを後世に伝えてほしい」と呼び掛けた。

【創作ダンスを披露する勝浦小学校6年生(8日、和歌山県那智勝浦町天満で)】

[続きを読む]

更新)