AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

サンティアゴと熊野 「二つの参詣道」写真展 熊野本宮館

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産熊野本宮館は、スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ市の「サンティアゴ巡礼道」と熊野古道の写真展「世界遺産 二つの参詣道」を、同館北棟展示コーナーで開催している。観覧無料。21日まで。

 サンティアゴ巡礼道と熊野古道は、数百キロに及ぶ巡礼の道として世界遺産に登録されている。サンティアゴ市と田辺市は5月、観光振興を目指して観光交流協定を締結。展示は熊野古道の世界遺産登録10周年を記念している。

 写真は本宮館、田辺市観光振興課の提供で計24点あり、熊野古道とサンティアゴ巡礼道についてそれぞれの自然と風景などを紹介。熊野古道関連では熊野三山にある社殿や祭りの様子、高野山などがある。サンティアゴ巡礼道関連では、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂や巡礼道周辺の風景の作品がある。5月にサンティアゴ市庁舎で行われた観光交流協定の調印式の様子もある。

 山口県宇部市から訪れた会社員佐野昭子さん(37)は「サンティアゴには、とても古い建物がいくつも残っているので感銘を受けた。さきほど熊野古道を歩いてきたが、サンティアゴ巡礼道にも行ってみたくなった」と話した。

 開館時間は午前9時〜午後5時。無休。


写真サンティアゴ巡礼道と熊野古道を写真で紹介する(和歌山県田辺市本宮町本宮で)

更新)