AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

和大留学生が古道歩く 世界遺産の価値学ぶ

 和歌山大学に留学している学生31人が5日、田辺市本宮町内の熊野古道を歩いた。和大と留学生の生活支援活動をするNPO「WINコンコード」(後藤芳則代表)が共催。留学生らは県世界遺産センター職員の説明を聞き、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の価値や保全の大切さを学んだ。

【熊野本宮大社に向けて熊野古道を歩く和歌山大学の留学生(和歌山県田辺市本宮町で)】

[続きを読む]

更新)