AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

那智勝浦の古道歩く 白浜町の事業で160人

 和歌山県白浜町主催の「第6回世界遺産ウオーキング大会」が、那智勝浦町であり、白浜町内の約160人が熊野古道の大門坂から熊野那智大社、那智の滝までを歩いた。

 健康で元気なまちづくりを目指そうと、町が実施している「歩(ほ)く歩(ほ)く白浜ウオーキング事業」の取り組み。同事業では歩数計を使ったウオーキングの習慣化に努めている。

 世界遺産ウオークは「もっと歩くことを楽しんでもらおう」と年1回のペースで実施。この日は井澗誠町長も町民と一緒に参加し、大門坂を発着点とする約4キロのコースを歩いた。

 寒空の下、参加者は初冬の古道の風景や歴史を個々のペースで楽しみながら、古道歩きを満喫した。


更新)