AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

土砂崩れで通行止め 熊野古道「小雲取越」

 和歌山県田辺市本宮町請川の熊野古道「小雲取越」で土砂崩れがあり、通行できなくなっていることが5日、分かった。復旧のめどは立っていない。

 ハイカーから通報があり、市の職員が同日午前11時40分ごろ、確認した。市によると、古道沿いの斜面が高さ約40メートル上部から崩れ、土砂や倒木が約20メートルにわたって道をふさいでいる。

 場所は請川バス停から新宮市方面に向かって6キロほど、百間ぐらの付近。小雲取越と林道谷口皆瀬川線が交差する地点と、請川バス停などに「通行止め」を表示している。

 市教育委員会文化振興課は「県教委と協議し、修復措置を取りたい」と話している。


写真土砂崩れがあった熊野古道の小雲取越(和歌山県田辺市本宮町請川で)

更新)