AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

山野草が取られる 熊野古道近くの山地

 和歌山県田辺市中辺路町の熊野古道近くの山地で、古道を歩く人らに人気の野草、セリバオウレン(キンポウゲ科)が採取されていることが分かった。語り部らは「古道客が楽しみにしている花なので、非常に残念」と嘆いている。

 毎年、知人と一緒に花を見に行く町内の女性が2月下旬に気付いた。道路沿いの斜面で、掘った跡が数カ所あり、1株が溝に落ちていたという。

 セリバオウレンは2月から3月にかけ、白い小さな花を咲かせる。町内の女性は、四季を通して野草を見るために山地を巡っており、春を告げるように咲くセリバオウレンは好きな花の一つ。「この斜面で年々増えつつあり、楽しみにしていたのに残念」と話した。


写真【セリバオウレンが採取された道路沿いの斜面(和歌山県田辺市中辺路町で)】

更新)