AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

世界遺産追加登録を応援して 田辺市内にのぼり300本

 闘鶏神社(和歌山県田辺市東陽)などの世界遺産追加登録に向け、田辺市世界遺産登録推進協議会(会長=橘一郎・田辺商工会議所会頭)は、PR用ののぼり300本を作った。JR紀伊田辺駅前や市役所本庁舎前などに設置。市民の機運盛り上げを図る。

 政府は1月、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の追加登録をユネスコ世界遺産センターに提案した。市内では闘鶏神社、北郡越、長尾坂、潮見峠越、赤木越の5カ所が含まれている。可否は7月に決定される予定。

 のぼりには「世界遺産 紀伊山地の霊場と参詣道」と書いてあり、市内の候補地5カ所を「世界遺産に」とメッセージを添えている。市の関係機関をはじめ、協議会加盟団体にも配布して、市街地を中心に設置を呼び掛ける。協議会事務局の市観光振興課は「追加登録を機にまちの活性化を図りたいと、観光、商工関係者も期待している。市民の熱気でぜひ実現させたい」と話している。


世界遺産登録推進協議会が追加登録への機運盛り上げを図り設置しているのぼり(和歌山県田辺市湊で)

更新)