AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

市町村長の要請で勧告可能に 空き家条例の改正検討

 和歌山県は、廃虚など周囲の景観に合わない空き家について、所有者に改善を勧告や命令できる「景観支障防止条例」の改正を検討している。現行では一定以上の周辺住民からの要請が必要だが、世界遺産登録地周辺など景観上特に重要な地域は、市町村長からの要請でも可能にすることを考えている。

【景観支障防止条例の改正について話し合う「県景観審議会」(和歌山市で)】

[続きを読む]

更新)