AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

太陽光で古道の景観に不安

 太陽光パネルの設置が、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の周辺でも増えている。条例により設置には事前の申請が必要。和歌山県や関係市町は申請者と景観との調和を協議するが、設置自体は禁止できない。文化財関係者は「このまま増えれば、いずれ景観に著しい影響が出る可能性がある」と不安視している。


[続きを読む]

更新)