AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

世界遺産緩衝地帯で土砂採取 すさみ町内の熊野古道

 和歌山県すさみ町教育委員会は22日、町側の認識不足が原因で、同町和深川の世界遺産・熊野古道大辺路の緩衝地帯で民間業者が土砂を採取したと明らかにした。町は事前に申請書を出してもらう必要があったが、業者から相談を受けた町職員が口頭で了解してしまったという。

写真【業者が土砂を採取した現場。熊野古道大辺路の緩衝地帯だった(22日、和歌山県すさみ町和深川で)】

[続きを読む]

更新)